【書籍発売】発起人の1人である青木さぎ里が「離島の保健師―狭さとつながりをケアにする―」を出版します!


本日2017年11月24日(金)、本協会の発起人の1人である青木さぎ里が「離島の保健師―狭さとつながりをケアにする―」(青土社)を出版します。


(帯紙の言葉から引用)

"海に囲まれた3つの小さな島で働くことになった3人の新人保健師の成長を、丁寧な聴き取りから描き出す、本格派の研究が登場! 自身もかつて保健師として離島で働いた著者が示すのは、特殊な地域ケアの現場か、それとも超高齢社会の未来図か"


青木さぎ里:自治医科大学看護学部助教。専門は地域看護学


詳細は以下の新刊案内をご覧ください。



NPO法人へき地保健師協会

※現在ホームページ修正作業に伴い、ご迷惑をおかけしております。

0コメント

  • 1000 / 1000