【ご報告】福島県沿岸部へ行ってきました

10月の日本公衆衛生学会自由集会にて話題を提供してくださる保健師の方が勤務する相馬市とその周辺へ行ってきました。相馬市では「井戸端長屋」方式の災害公営住宅を訪ね住民の方とおしゃべりしながら暮らしの様子をうかがうことができました。ここはそれぞれが家(部屋)を持ちながらも同じ建物(長屋)内に互いが集まれる工夫が随所にされていて個人のペースで暮らしながらも「井戸端会議」で人のぬくもりを感じられるようになっています。でも、現在空き家があるそうです。自由集会ではここでの保健師活動についてみなさんと語り合いたいと思います。

長屋についてはこちらから:https://www.city.soma.fukushima.jp/0311_jishin/201205_itenkouhoti/idobata_nagaya.html

NPO法人へき地保健師協会

※現在ホームページ修正作業に伴い、ご迷惑をおかけしております。

0コメント

  • 1000 / 1000