【開催報告】初!オンライン交流会やりました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止のため、3月7日に予定していた“東京の離島ではたらく保健師としゃべらナイト!2020年“は、急遽zoomを利用したオンライン交流会に切り替えました。

普段から、グループラインでつながってはいるのですが、画面越しに自由に話ができるっていいです!"島保健師になった理由"とか、"島の医療では対応できない住民の方の搬送体制"とか、"感染症対策"とか話題は尽きずに、話し通しました。

来年度は3島で保健師が定数を満たしません。現職保健師は、住民の健康課題に対応し切れるのか、不安は大きいと思いますが、参加した保健師の方のお一人は、ラインで他の島も定数を満たないことを知り、「自分だけじゃないんだ。がんばろうと思った。」という気持ちも伝えてくださいました。

本会が目指すへき地のつながりの構築に少し貢献できたかな、と嬉しかったです。また、島の様子を聞いていると、へき地を離れた私も、自分が勤めた島ならどうしていたかな、と考える機会にもなりました。

複数の島の状況を同時に分かち合える交流会は、島の保健師活動の理解を一気に深める!と改めて感じました。

次回開催するときは、事前に皆様にお知らせし、多くの方にご参加いただきたいと思います。

大島、三宅島、小笠原は保健師募集中です。

文責:櫻井純子

NPO法人へき地保健師協会

※現在ホームページ修正作業に伴い、ご迷惑をおかけしております。

0コメント

  • 1000 / 1000